大根の細切り味噌汁

いつだったか。料理家の栗原はるみさんの本を読んでいたら、「お母さんが作ってくれたいちばん好きな献立」は、大根を細切りにした味噌汁とのことでした。

ホーっ。

勝手に想像するに、ほどよく細く切りにされた大根が、しっかり出汁のきいた味噌汁に絡み合って、やさしい食感のイメージ。栗原はるみさんというだけで美味しいバイアスが上乗せされて、地味にも、ずっと美味しい味噌汁を思い浮かべてしまい、いまや憧れメニューです。

というわけで、いい大根が手に入って、ほどよく大根の細く切りができるようになったら、ちょっと作ってみたい味噌汁です。

そして、その世界観を他者に伝えるためには、アートやデザインなどの視覚表現が極めて強力なツールになるということです。

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術 水野 学、山口 周

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました