ちゃんと向き合って話しを聞いて

ちゃんと向き合って話しを聞いてみたら、そうなのか、と私も共感して、終わり。

そういう面談が続きました。

情報としての内容も聞きますが、本人がどう感じているのか、それを聞いて私がどう感じているのか。話しを聞いてみないとわかりませんし、私も自分自身がどう反応するのか、わかりません。それは、ちょっと空怖いことでもありますが、人として、人と関わるって、そうゆうわからないことがあっていいんだろうな、と思います。

当時、Apple が構想していたのは、それまでの「コンピューター」とは著しくかけ離れたモノでした。この全く新しい構想と世界観を誤解なく、かつ効率的に多くの人に伝えるためにも「ショートフィルム」という表現形式は必然的なものだったと言えます。

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術 水野 学、山口 周

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました