最高の読書

立ち読みも立派な読書ですし、実はいちばんいい方法かも知れません。書店に行って、タイトルと目次から、自分なりにざっと仮説を考えて、拾い読みしながら、学ぶ。終わり。そのまま次の本に手を出せます。

もしも、立ち読みで、その本からとっても学ぶことが多くて、これは「もっと深めて読んでやりとりした方がよい」と直感したら、そのまま買い。できれば、その日のうちに読み終わりたい。遅くとも数日のうちには読了です。

結局、最初に「知りたい」「考えたい」「深めたい」と切望する気持ちにのっかる感じで、ざーっ、と飲み込むように、読めたら、最高の読書ですね。

最大の理由が「文字にすると必ず過去の反映になってしまう」からです。文字は概念を記述するわけですが、概念は必ず過去の反映になります。当たり前のことですが「まだ誰も見ていないもの」は文字で表現することはできません。

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術 水野 学、山口 周

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました