読むことだけに夢中になれる幸せな時間を

あるよく晴れた日の昼下がりに、仕事の移動中に、電車の遅延でを15分くらい暑いホームで待つことになりました。

音楽を聞くか、目を閉じて寝てもよかったのですが、たまたまリュックのなかには、一冊の本があり、読み切りたいタイトルだったので、すーっと読み始めました。

わたしは集中すると音も聞こえなくなり、まわりも見えなくなるのですが、まさに、この15分も、ホームの喧騒を気にすることなく、文字を追いました。

この時代に私たちは、失敗をしたり、不安になったときに、それをどう受け止めて、生きていけばいいのか。自分を知り、相手を知ることで、自分がどうすればよいのか、わかっていく。

地味ではありますが、たいへん大切な問題で、こんなに自分がハマるとは思いませんでした。このとき、手にしていた本は、ユング心理学でした。

読むことだけに夢中になれる幸せな時間を作っていきたいです。

なぜなら、今日の企業の多くが「ビジョン」と称しているもののほとんどが「文字テキスト」によって描かれているからです。なぜ当時の Apple は、文字テキストによるビジョンを嫌い、わざわざコストをかけて、ショートフィルムという表現形式を採用したのでしょうか。

世界観をつくる 「感性×知性」の仕事術 水野 学、山口 周

(Visited 2 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました