「つながり」から「つながる」機会

大学に講師に行っているつながりから、学生と「つながる」といいね。とやりとりをしていました。

で、堂々とつながれることを想定しながら振る舞った方がいいんじゃない、と背中を押しました。

「計画された偶発性」を踏まえてキャリアやスキルアップを考えていくことをハプンスタンス・アプローチというそうです。

偶然は、偶然におきますが、あらかじめ計画できることは、準備をして計画しておけば、期待した偶然がより起こる可能性が高まることには、納得できます。そのような未来を描きながら、振る舞ってみてはいかがでしょうか。

わたしは大きく息を吐いて天井を仰いだ。もう駄目だと思って別れるのに、今さら罪悪感に駆られる自分が嫌だ。こんなの優しさでも思いやりでもない。

流浪の月、凪良ゆう

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました