問い question


「問い」を立てられるかどうか。

問いのはじまりは、何でもいい。知らない言葉でも、調べたことがないことでも、忘れちゃったことでもいい。

少し、調べて見通しをつけてみよう。最初の問いは解決したかな。

解決していないなら、さらに問いを立てよう。

これまでに答えがなかった問いを作ってみる。その問いは、社会に役に立つ問いか。目新しい問いか。そもそも答えを出せる問いなのか。

「問い」を立てよう。

「お縁側の沓脱石の上に、赤い縞のある女の蛇が、いるでしょう。見てごらん」 私はからだの寒くなるような気持で、つと立ってお縁側に出て、ガラス戸越しに、見ると、沓脱石の上に蛇が、秋の陽を浴びて長くのびていた。私は、くらくらと目まいした。

https://amzn.to/342mzz6

(Visited 9 times, 1 visits today)