ボールペン ball pen

お世話になった大先輩の定年退職が、近づいてきました。薬剤師の一時代を駆け抜けてこられたのは、先輩の温かい支えのおかげでした。

迷わず、丸の内の丸善に行って、パイロットのボールペンを贈答用に包んでもらいました。

なぜ、ボールペンか。

私が最初に転勤になったときに、ある有名な放射線技師さんが、私にボールペンを贈ってくれたからです。「応援してるよ」と。

そのパイロットのボールペンは、もう廃番になってしまいましたが、いまでも私といっしょに現役で活躍してくれています。

ボールペンなんて、まじめに使ったことのなかった私が、あれこれ、大切なサインをしたり、きっちりメモをするときに、そのボールペンが支えてくれたのです。

いまは、ただ先輩に、感謝の気持ちを込めてボールペンを贈ります。

Pilot パイロットゲルインキボールペン カスタム74

着眼点が高いほど、ものの道理が見える。だから、分かれ道でも迷うことはない。

『言志四録 心を磨く言葉』佐藤一斎・著 佐藤けんいち・編訳 ディスカヴァー・トゥエンティワン,2023

(Visited 4 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す