看護部リーダー研修「コミュニケーション」(5)_影響力 influencing skills

人と人との関係で、何かに取り組むようなときには、影響力を行使する必要があります。

たとえば、「上司から言われたから」という理由だけではなく、「影響力」が行使されていることを「行使する側」も「行使される側」も意識することが大切だと思います。

そもそも影響力を行使するというのは、自らの言動によって働きかけ、他者の考え方や行動に変化をもたらすことです。

バックグラウンド、考え方や価値観も異なる多様な相手に、自分のあり方を微調整しながら関わり合う。

この「あり方の微調整」とは、力をいれすぎずに、自分も大切にしながに、相手のことも大切にするイメージでしょうか。

「百音ちゃんはなにを切ったの?」「へんな思いやり」答えると、わかる、と共感の目を向けられた。

わたしの美しい庭、凪良ゆう, 2019

(Visited 3 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す