カタカナ

できるだけ、カタカナを使わずに、知っている日本語で伝えてみようと試みています。

専門的なことをカタカナで、さらっと使える人は格好いい。しかも、専門の領域であれば、むしろ、そのまま英語やカタカナの方が、迅速に、間違いなく、伝わりますし。

一方で、会話のなかに、意味がわからないカタカナがでてきたときには、理解ができずに困ってしまいます。話の流れから、およその意味を推測するにも限界があります。

演説する文書を校正する人からは、「この文書は誰に読んでもらうんだい。子どもでも、お年寄りでもわかる言葉で書きなさい」と言われたことを思い出します。

ですから、たとえカタカナで、自分が知っている言葉でも、あえてふつうに使う日本語で、伝えてみる。結構、頭を使うので面白いですし、意義のあることだと思います。

 

リーダーシップは、ポジションではない。アクションである。

『世界一過酷な場所で見つけた命の次に大事なこと』村田慎ニ郎

 

(Visited 5 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す