なぜ信頼区間は95%が多いのか?

 「20回に1回は、まれ」だろうという統計学的な慣例らしい。

 20回に1回くらいなら、「そういうときもあるよね」と許せる範囲だ。だから20回のうちの1回は、5%。

 よって信頼できる範囲(信頼区間confidence interval)は、5%をひいた95%が汎用されている。

 大規模臨床試験で有意差がでるのは当たり前。信頼区間が狭くなるから。

 信頼区間が有意差があるときには、小さな値をみて、臨床的に意味があるか、考える

 信頼区間が有意差がないときには、大きな値をみて、臨床的に意味があるか、考える

(Visited 97 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す