メッセージは、コンテンツではなくアドレス


「街場の読書論」で、内田樹先生は、メッセージにこう述べています。

 読者は「自分宛てのテクストだ」と思ったら「きりっ」とする。「オレ宛てじゃないや」と思ったら「ぼおっ」とする。

最初の五行六行くらいしか読んでいなくても、そういうことは「わかる」んです。先駆的に、わかる。

 

 

つまり、メッセージは、コンテンツではなくアドレス。たとえば、大人同士が会話をしているときに、小さな子どもは、「私にも!」と求めてきます。コンテンツではなく、「あなた宛て」というアドレスが、メッセージなのですね。

 

気づき)ついつい読んでしまう内田本。

(Visited 14 times, 1 visits today)