f:id:MotoNesu:20100213044904j:image

 パジャマをデパートで買ったことがある。

 自分のためではなく、プレゼントとして。

 自分のために、パジャマをデパートで買う。

 自分のための時間をすごす。

 現段階でいえるのは、手術で、取るべきものは全部とれたということ。それによって治ったかどうかは、五年間が、再発なしに過ぎて、はじめていえることなのだ、と。生きてみなければ、わからないのだ。

 医者もわからない。自分もわからない。悲しいときも、うれしいときも、入院中はパジャマタイムだ。やすらかな眠りも、自尊心もそのパジャマは、手伝ってくれるかも知れない。

 入院場での、パジャマ。役割は大きい。

兆しは、あのときから

がん患者となって

入院生活がはじまった

私は助かったのか?

退院後をどう生きるか

がんからはじまる

 厚生労働省の緩和ケアプログラム100冊の旅、のこり94冊。

これから)土曜日のゆっくりランニング、病院薬剤師会@神戸。

がんから始まる

がんから始まる

(Visited 15 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です