夏の暑さのままでも、大丈夫

学生時代に祖母とふたり暮らしをしていました。暑い夏は、暑さをそのままに、ただ川風が吹くのを待っているもことも。

おそらく、いまほど夏の気温も高くなく、汗をかきながら風を待って、夕方になる。それでもよかったのでしょう。扇風機と団扇、冷たい麦茶を頼りに。

そんな夏との付き合い方を、いまでも身体が覚えているので、いまでも、自宅ではつい、クーラーを付けるのを控えてしまいます。夏の暑さのままでも、大丈夫。

親は子どもを愛し、守り、導いてくれるーいそれがさまざまなメディアで繰り返し描かれてきた「ふつう」の親像であるが、実は「ふつう」などではなく、あくまで「理想」でしかない。現実はそんなに美しくはなく、残念ながら、子どもを愛することも、守ることも、導くこともできない親はいる。

自分を再生させるためのユング心理学入門、山根久美子

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました