立ち読み

立ち読みも立派な読書ですし、いちばんいい方法だと思います。書店に行って、タイトルと目次から、自分なりにざっと仮説を考えて、拾い読みしながら、学ぶ。終わり。そのまま次の本に手を出せます。

もしも、立ち読みで、とっても学ぶことが多くて、これは「もっと深めて読んだ方がよい」と直感したら、そのまま買い。できれば、その日のうちに読み終わりたい。遅くとも数日のうちには読了。

結局、最初に「知りたい」「考えたい」「深めたい」と切望する気持ちにのっかる感じで、ざーっ、と飲み込むように、読了した方がよいですね。

ふたりの姿を前に、ぼくは言葉にできない気持ちに胸を占領された。

流浪の月、凪良ゆう

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメント

タイトルとURLをコピーしました