トールサイズ tall size

ごくたまに、スタバに入ります。オーダーするのは、ドリップのトールサイズ。それだけで、十分にあれこれ、いい時間が過ごせます。

もともとなのですが、わたしはスタバのドリップをトールサイズを飲み切るのが苦しい。途中でお腹いっぱいになってしまうのです。ゆっくり飲んでも。

もしかしら、一回に摂取するカフェインの量がオーバーしているのかも。そもそも、カフェインはテンションを上げられますが、依存もします。身体にとってはアルコールと同じで「摂取ゼロ」が、正解なのでしょう。

20代のころは、よくスタバで勉強をしたり、打ち合わせをしたものです。あのときのテンションが、より戻ってくる感覚になるのも、スタバの効用かも知れません。

でも、あるとき、「白湯」しか飲まないという先輩といっしょに仕事をさせていただいた時に、がらりと私の飲み方は変わりました。

できるものです。白湯だけでも、十分に。そして、ごくたまに、飲み切れないドリップのトールサイズを頼むのも、また楽しい時間です。

 

世の中では、「コミュニケーション能力」あるいは「コミュニケーション教育」という言葉が、いささかヒステリックなほどに使われ続けている。

平田オリザ,わかりあえないことからコミュニケーション能力とは何か,2012

(Visited 4 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す