評価は誰のもの問題

 第3回日本薬学教育学会大会で、何度かディスカッションになったことは、「評価は誰のもの問題」です。  この問題になったときに、いつも思い出すのは、愛媛県の小学生たちが「おれたち、わたしたち、朝は元気ないよな〜」というつぶ…

そろそろ走らなきゃ...【ランニングする前に読む本】で、にこにこから。

 8月中旬から咳が止まらず、しばらく走っていませんでした。  総合診療科を受診をしても、とくに喘鳴もなく、問題なし。  気候も涼しくなりましたので、今朝は出勤前に、ゆっくり3キロ走りました。  来月は、横浜にて、人生初の…

社会人教育の3点【AI時代の教育と評価】鈴木敏恵先生@第3回日本薬学教育学会大会

 第3回日本薬学教育学会大会にて、鈴木敏恵先生の教育講演のお手伝いをさせていただきました。  薬学教育に関わられている大学や病院、企業の先生方とたいへん有意義な時間を過ごさせていただきました。  私もポートフォリオをはじ…

そのうち世界の仕事は...

そのうち世界の仕事は その人、ひとりにしかできない、 たった一つの職業の集合体になるんだろうな。 もとねすメモ)そのうちではなく、実はすでに、その人にしかできない仕事が求められているはずです。でもなぜか、標準化が先行して…

メッセージに助けられて【FOLLOW ME/YOUタグ】Evernote

 10年からくらい続いているEvernoteの習慣は、フォローミー、フォローユーのタグをつけることです。  このタグを毎日つけることはありませんが、「これはよかった」と心底思ったときに、気楽に付けています。  もうダメだ…

人が気がついていない普遍のルール【データの見えざる手】矢野和男

 矢野和男 @kazuoyano さんの「データの見えざる手」を再読しました。最先端の技術をトライしながら、普遍的な法則を見出そうとしている姿勢にあらためて、感銘しました。  私自身は、毎日の生活のなかで、本書で紹介され…

身体にやさしいビジネスでもOKなリュックサック【エースジーン】ビジネスリュック ホバーライト

 結局、この6ヶ月くらい、私が通勤で背負っているリュックは、エースジーンのビジネスリュックに落ち着きました。ふだんの通勤はもちろん、一泊くらいの出張でもこれでこなせてしまいます。  これまでは、フィット感が抜群のグレゴリ…

ソニア・リュボミアスキー【幸せがずっと続く12の行動習慣】自分で変えられる40%に集中しよう

 中学の同窓生に会って、幸せなものが出ていることを確信したときに、1冊の本を思い出しました。矢野和男さんの「データの見えざる手」です。根源的な問いを、現実的な最新の技術でわかりやすく解説をしてくれます。  この本のなかで…

で、30年後に、どうなったか。

 東京にもどってきた中学の同期の数人で、30年ぶりくらいに、日比谷で集まることになりました。  当時、近隣に大規模な新築マンションができて、クローズな雰囲気だった公立中学には相当の刺激となりました。いわゆる不良もふつうに…

ワタナベくんの孤独には、ひどく共感してしまう【ノルウェイの森】村上春樹全作品 1979~1989〈6〉

 ベストセラーだからという理由ではなく、全集を読んでみるという試みで「ノルウェイの森」に突入です。やっぱり、良い作品なんだと確信しました。  女とセックスとアルコールは、村上春樹作品の一貫したテーマのような気がしています…