行ってきます【HPH国際カンファ】英語を何とかしたい

tomioka
せっかく国際カンファに参加しますので、英語をもう少し使えるようにしておきたいです。英語といっても、論文や学会発表のためではなく、日常の会話ができるようになりたいのです。

なぜなら、私たちのコミュニケーションは、ほとんどが他愛もない会話で成り立っていると思うから。他者との関係をつないでくれるのは、何でもないコミュニケーションがはじまりだから。

たとえば、あいさつをして、ちょっと会話をして、ありがとうを言う。

この3ステップができれば、大丈夫ではないでしょうか。

健康や医療に関する英語は、知識で何とかするしかないでしょう。

むしろ、日常会話こそは、”How do you do?”, “I’m fine, thank you.” 以外に、特別に勉強した記憶がありません。

とりあえず、

えーっと…、

大丈夫です、

まかせてよ、

さて、これらは英語で何と言うのか。
もとねすメモ)自分でリアクションメーカーをしたら、練習になるのかも知れませんね。

成長過程では『見つめる鍋は煮えない』って考えがあるねん。鍋を見てたらフタを開けてしまうやろ。開けたら煮えへんねん。カップ麺ずっと見てたら3分待たれへんのと一緒やで。努力は続けながらも、成果は気にせえへんことが大事やねん

(伊藤丈恭『緊張をとる』)

(Visited 86 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す