急性有機リン剤中毒の対処で不明なこと

 急性の有機リン農薬中毒のマネジメントについてのレビュー。

 Management of acute organophosphorus pesticide poisoning.

 LANCET 2008 Feb 16;371(9612):597-607.

 治療のチャートが記載され、治療効果が不明なものとして、以下をあげている。

(たぶん有効)

 ・アトロピン

 ・ジアゼパム、ミダゾラムなどのベンゾジアゼピン

 ・皮膚洗浄

(治療効果不明)

 ・活性炭

 ・PAMなどのoximes

 ・α-2受容体刺激剤(クロニジン)

 ・ブチリルコリンエステラーゼ

 ・胃洗浄

 ・体外血液浄化

 ・硫酸マグネシウム

 ・有機リン加水分解酵素

 ・重炭酸ナトリウムなどによる血液のアルカリ化

(Visited 29 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す