Christmas view

 「ロマンありそうですよねっ」と、言われて、ドキリとしました。
 そして、ありがたいと思った。

 ええ、ロマンはあります。
 ロマンといっていいのか、わからないものを持っています。
 それは、鼓動のように、鳴り止むこともありません。時間を作ってトレーニングをしながら、チャンスを狙っている。

 ロマンのようなものを持つようになったのは、いつから?
 テストや与えられた課題がなくなって、社会人になって「さてどうしよう?」と思ったときに握っていたものが、私のロマンかも知れません。

 経験やら、好きな音楽やら、たくさんの読書やら、人との関係のなかで飲み込めなかったこもの。それほど大袈裟ではなくとも、日頃感じていた不都合、とか。

 そういうかたまりに詰まった願い。そんなロマンのようなものを持って、社会人をやっている気がします。

 的はずれだったり、失敗を繰り返していますが、楽しくやろうとしていることは、確かです。

もとねすメモ)ロマンとは、大冒険や大事業、甘美な筋をもったできごとの意味のようですが、私のは、ちょっと違いますかね。メリー・クリスマス!

(Visited 10 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です