聞く listening

2020年のコロナから、しばらくの行動制限があり、その後、ポートフォリオに始まり、コーチング、コミュニケーションの話をさせていただく機会が増えました。

なかでも、まずは相手の話を聞くということは大切な技術です。

しかし、聞くことをていねいに続けていると、それは技術というよりも、むしろ態度そのものであることに気がつきます。

さらに言ってしまえば、「あり方being」が問われている、といってもいいかも知れません。

この聞くというスタイルは、簡単そうで真剣にやると自分を見失うし、スキルでやるとまったく聞けなくなるのです。

ざわめくスコールのなか、ふつうのコミュニケーションをしたがっている自分に気がつきながら、相手を確認するような作業だからです。

私は今日も、聞いてみようと思います。

(Visited 5 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す