無為の事に処り、不言の教えを行なってみたい


f:id:MotoNesu:20120715135025j:image

聖人は、無為の事に処り、不言の教えを行なう。

(老子)

 20代のころに、UNESCOで日本の薬害を発表をしたことや患者会のニュースレターにエッセイを連載していたことを見つけ出した若いスタッフが、「自分と同じ年なのに、どうして、あんなにいろいろやっていたのですか?」と聞いてきました。

 

 で、思わず、自分史を語ってしまいそうになりました。

 しかし、ちょうどその日は「老子」を手にしていて、

 「無為の事に処り、不言の教えを行なう。」

 これってナンダロウな、、、

 という問いと愉快に格闘していたので、語ることをグッとがまんしました。

  ・どうしてこの若いスタッフは、私に質問をしてきたのか?

  ・スタッフ自身も何かをやりたいと思っているのか?

  ・私のやってきたことについての感想か?

  ・ただ、私と話しをしたかったキッカケか?

 という、問いが頭を駆け巡り、にっこりしながら

 「どうして、そんなこと聞くんだっっけ?」とスタッフにリターンしました。

 すると、

 「ええっと、自分と同じ年なのに、すげえな、っと思って」

 ふうん。

 私は、スタッフに、こう生きたらいい、という地図を渡すことはできない。それは、明日は何が起こるかわからないし、君と僕が感じる価値は違うから。スタッフ自身のなかにある「コンパス」を見つけて、自分で歩いて行ってほしいと思っている。人の生き方は、その人の時間の使い方に現れる。時間の使い方は習慣そのものだし、習慣を決めるのは性格だ。私とスタッフは、ちがう。

 無為の事に処り、不言の教えを行なう。

気づき)

 ・いい問いかけをありがとうね

 ・私は聖人ではないけれど、スタッフには示せる人でありたい

 ・簡単なことは、いくらでも教えるよ

老子 (講談社学術文庫)

老子 (講談社学術文庫)

(Visited 12 times, 1 visits today)