薬害を覚悟する本 9)構造薬害


構造薬害 (人間選書)

構造薬害 (人間選書)

 片平先生の1冊といえば、こちら。

 ちょうど私が薬剤師1年目に購入して、何度も勉強会に使用させていただいた。

 構造的、という考え方をはじめたのもこれを読んだ15年前くらいから。

 社会は構造的、なのだ。

1.肝炎対策を行わずに濃縮製剤を発売

2.「安全」宣伝をつづけた製薬会社

3.汚染の可能性を知っていた国の責任

(Visited 14 times, 1 visits today)