相手の今に興味を持てればいい the other person’s now

JR大船駅の書店で、「妻が怖くて仕方ない」という新書を手にしました。別に妻が怖いわけではないのですが、気になるタイトルだなー、と何度か素通りしつつ、やっぱり手にしてみることにしました。

著者の富岡さんが、ずいぶんと苦労して、あれこれ試みた涙ぐましい奮闘が綴られています。妻と接する夫の立場として、同情の気持ちはありましたが、不思議と共感はしていない自分に気が付きました。

うーん、やはり、私にはご縁のない本だったかな、と判断しつつ、終盤には三浦瑠麗さんとの対談をされてしました。

以下の引用部分には、たいへん共感をしました。自分ももしかしたら、下手なコミュニケーションをとっていたという心当たりがあるからです。

やっぱり、ご縁のある1冊でしたね。

コミュニケーションはまず聞くことからですよ。男性は、コミュニケーションとは相手に話を聞いてもらうことだと思っている。だから、職場のつまらない話をしたり、「今日はいい天気だね」なんて、いきなり相手を自分の気分に引きずり込もうとうする。下手なコミュニケーションなら頑張らない方がいい。自分の成功体験ではなく、相手の今に興味を持てればいいですね。

富岡 悠希, 妻が怖くて仕方ない: DV、借金、教育方針、現代夫婦の沼に迫る, 2022

(Visited 2 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す