小説 novel

その退任されたベテランの医師は、「小説をどんどん読みなさい。人間って、わからないから」とわたしに小説を読むことを勧めてくれました。

村上春樹を読破して、さいきんでは、昨年から太宰治にはまっている私は、ますます小説を読むようになりました。

なかでも、友人や親族から、自分に勧めらたものは、好き嫌いを問わず読むようにしています。少し私をわかってくれている人のオススメは、きっと何かの縁で私によい刺激をくれると思うからです。それに、そもそも、好き嫌いが言えるほどに、小説を読んでいませんので。

この先生がおっしゃられるように、小説はすごいです。よく書けるなぁ、そんな気持ちかぁ、と、どの作品にも感激してしまいます。

いままで、自分の生活の中にも、ストーリー、展開、人の気持ちなどめちゃめちゃあるんだな、とリアルの世界にも感動するようになりました。

(Visited 7 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す