半分くらいは contingency

空気を動かす。

そして、心が動く。

人前で、話をするときに、せっかくなら、その場の空気を動かして、聞いてくれている人の心を動かしたい。

だから、自分の心の動きを確認しながら語りかけて、相手の表情、とくに目の動き、強さを見ながら、こちらは、さらに感じたことを伝えていく。

相手としっかりやりとりをする面談の場だけでなく、1対多のミーティングでも、講義でも、なんなら結婚式の挨拶だって、そうしたい。

半分くらいは準備をしておくけれども、残りの半分くらいは、その場で自分の心の動きを大切にしながら、相手とのやりとりを優先したい。空気を動かす。心が動く。

偶有性contingencyをそんなふうに使えたらいいな。

(Visited 6 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す