ストーリー


好きかどうか。自分に合っているのか。それは接してみないとわからないよ。

ロマンスカーで行く箱根の温泉も、津田晴美のあの本も、YOASOBIも。行ってみて、読んでみて、聞いてみて「なんかいい」が積み重なって、「好き」と気づく。

自分の大切な進路を選ぶ時には、「好き」よりも、「できること」が優先されてしまう。なぜなら、私たちは交換価値だから。

でも、いいじゃないか。と、開き直って。

「できること」は求められつづけられるけど、それ以上に、自分の「好き」に接したとき、「好き」と気づいたときに、それを大切にしたらいい。

直感で好きをつかんで生きるもよし、できることで社会貢献もよし。

「好き」と「できるのこと」が、からみあってできるストーリーは、パブリックでも、プライベートでも大丈夫なはずだ。

(Visited 18 times, 1 visits today)