理性的な自分と混乱している自分のアンバランス


f:id:MotoNesu:20110630220141p:image

万有引力とは

ひき合う孤独の力である

(『二十億光年の孤独』、谷川俊太郎)

 ブログをはじめて、ちょうど2年半。ある日、@TAN_TO さんからtwitterでフォローをいただいてから、私の世界は変わりました。もう2011年は終わってもいい、と思えるくらいの充足感でした。facebookでも、twitterでも「たぶん実在する誰か」に支えられ、Me2.0は私を存分に高揚させてくれました。

 @TAN_TO さんは本当にご多忙ななか、ご活躍されていて、

 すごいなーっと感心していたところ、、、

 ある日の夜の twitterの書き込みに、私は、ハッとしました。

「昨晩、予定がなくなったのでなじみの料理屋さんへ。顔見知りの仲間と偶然会ってオーナーと3人で一緒におしゃべりして夜中までのんじゃった・・・。理性的な自分と混乱している自分のアンバランスを吐き出したら、みんなが元気をくれた。今の自分を享受して、できることをしよう。」

 いつもOKにみえる@TAN_TO さんも、アンバランスなときがあるんだ、と。

 なぜか?、すぐに、アインシュタインの言葉を、Replyしました。

Life is like riding a bicycle.

To keep your balance you must keep moving.

(Albert Einstein)

 人は見た目が90%だし、メールより会った方が、よく伝わる。

 会ってしまえば、大丈夫なのか、ダメなのか、わかる。

 選ぶことができる=可能性

 選ばねばならない=不自由さ

 だから、言葉は、実は不自由な道具なんだと思う。

 僕たちの現実も、アンバランス。

 自分を操縦することは、たやすくない。

 だめな自分を支えてくれるのも、この不自由な言葉。

 不連続なことを、連続なつながりにするのも言葉。

 

 弱い自分を語れる人に、強さを学びます。

気づき)

 ・上半期の最終日に、TA_NTOさんに感謝をこめて

 ・右足、左足を前に出すだけのランニングだって、困難なときがあるし

 ・「神戸の震災に合った人が身近過ぎたのを思い出して辛かったなぁ。1カ月ぼぉ~っと過ごして、後で日程が詰まってエライ目に会いました^^; ← こんな落ちツキのエピソードですよ♪」とフォローもいただきました。ありがとうございます。

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)

二十億光年の孤独 (集英社文庫 た 18-9)

(Visited 13 times, 1 visits today)