f:id:MotoNesu:20100711050443j:image

 病院の薬剤師には、慎重さ大胆さ、情報の解釈してわかりやすく伝える、コミュニケーション、そして患者さんやスタッフへの真摯さ・・・。数えきれないコンピテンシーcompetencyが要求されます。長期実務実習で味見をすることはできても、すべてをうまくやることは別物。

 しかし、プロとして病院薬剤師をするのであれば、うまくやることが求められてしまいます。

 ここで、必要なのは、失敗へのスタンス。

 スタンフォードの先生のメッセージから。

 わたしは学生に「失敗のレジュメ」を書くことを義務づけています。私生活や仕事上、あるいは学校で犯した主な失敗をまとめてレジュメにするのです。それぞれについて、その経験から何を学んだかも書いてもらいます。学生は成功したことばかり書くのに慣れているので、この課題を出すと呆気にとられます。

 でも、レジュメを書き終えると気づきます。失敗というレンズを通して自分の経験を見ることによって、自分が犯してきた過ちを受け入れられるようになるのだと。その証拠に、むかしの教え子たちの多くは、何年経っても、通常の成功のレジュメと並行して、失敗のレジュメを更新し続けています。

 一例は、こんな感じです。

自分の心の声に従わなかった……

叔父がニューヨークで亡くなったとき、わたしはカリフォルニアに住んでいた。周りからわざわざ葬式に行くことはないと言われ、出席を見合わせた。いまだに、それを後悔している。人生には、どうしてもやらずにはいられないこと、周りの意見と違っても、自分が正しいと思った行動をとるべきときがあることを学んだ

 自分を内省するreflectすることは、自分にしかできません。成功への方法論(あらゆるテキストは、成功への導き)を学んでも、自分でふりかえりを経験しないと身にならないようです。そして、そこで必ず「ああしておけばよかった経験」があるはずです。

 それを書き留めることでもう一人の自分を第三者として立て、より構築的な失敗に昇華することはできないのでしょうか?

 「失敗をする覚悟」のフローを、持っていること。

(失敗をする覚悟)

・考えて止まらない。早くたくさんの行動をして、失敗を切り捨て、成功を残す。

・どんな結果も受け入れる覚悟があるなら、ハイリスク・ハイリターンの行動を選択する

Humiliation ー 現場で恥をかく。恥をかいてでも、ノイズを立て、自分の存在をコミュニティに知らしめる。そして恥など気にせずノイズを起せるようになることが、プロフェッショナルへの重要なステップなのです。

気づき)

・早く、何度も失敗せよ

・現場で恥をかくことを惜しまない

・覚悟ある失敗は、賢い失敗

これから)

職員面接2名、外来化学療法、法人薬事委員会、電子カルテの薬剤管理指導システム導入打ち合わせ、天の川はどうか?

(Visited 11 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です