新しい12種類の抗うつ剤の効果と服用継続についてのネットワーク解析


 SNRI, SSRI・・・すでに何剤かの抗うつ剤を採用しているが、市場には新規の発売が相次ぐ。それぞれに利点はあるようだが、すべてを採用とするわけにはいかない。

f:id:MotoNesu:20090801020109j:image

 いったいどれがいい抗うつ薬なのか。いい抗うつ薬、とは何がいいのか。

 新しい12種類の抗うつ剤の効果と服用継続についてのマルチプルトリートメントメタアナリシス(ネットワーク解析)が報告されている。

Comparative efficacy and acceptability of 12 new-generation antidepressants:

a multiple-treatments meta-analysis.

Lancet. 2009 Feb 28;373(9665):746-58.

背景:

 従来のメタ解析では、第二世代抗うつ薬の有効性に関して、一致した結果が得られていない。そこで今回、直接比較および間接比較の結果を統合したマルチプルトリートメントメタアナリシスにより、大うつ病に対する12種類の新世代抗うつ薬の効果を評価した。

方法:

 成人単極性大うつ病の急性期治療に関して、治療用量範囲内で抗うつ薬(bupropion, citalopram, duloxetine, escitalopram, fluoxetine, fluvoxamine, milnacipran, mirtazapine, paroxetine, reboxetine, sertraline, and venlafaxine)の比較を実施した117のランダム化比較試験(実施期間1991年~2007年11月30日,n=25,928)を系統的にレビューした。主要なアウトカムは、割り当てられた治療に反応した患者の割合および治療から脱落した患者の割合とした。解析はintention to treat(lTT)集団を対象に実施した。

結果:

 Mirtazapine,escitalopram,venlafaxine,sertralineの有効性は,duloxetine(ORは各1.39,1.33,1.30,1.27),fluoxetine(各1.37,1.32,1.28,1.25),fluvoxamine(各1.41,1.35,1.30,1.27),paroxetine(各1.35,1.30,1.27,1.22)およびreboxetine(各2.03,1.95,1.89,1.85)と比較して有意に高かつた。Reboxeuneの有効性は,他のいずれの抗うつ薬より有意に劣った。受容性に関して,最も良好な結果を示したのはescitalopramとsertralineで,duloxetine,fluvoxamine,paroxetine,reboxetine,venlafaxineよりも治療中止が有意に少なかった。

考察:

 汎用されている抗うつ薬間には,有効性あるいは受容性に関して臨床的に重要な違いがみられ,escnalopramとsertralineが優れていた。sertralineは有効性、受容性およびコストのバランスが最も良いことから、成人の中等度から重度の大うつ病の治療開始時の薬剤として最適と考えられる

 ここでは、抗うつ剤を治療に対する反応性(スケールで評価)と中断率を評価している。非常にシンプルでわかりやすい。もちろん個々のケースにはそれぞれの薬との関わりがあるだろう。

 何で評価するか?も含めて議論をしたいところ。

(Visited 41 times, 1 visits today)