「手洗いをしよう!キャンペーン」で、MRSAは減少する


Lancet. 2000 Oct 14;356(9238):1307-12.

Effectiveness of a hospital-wide programme to improve compliance with hand hygiene. Infection Control Programme.

【背景】

 手指衛生は、病院の交差感染を予防する。しかし、推奨されている方法の遵守は一般的に低い。われわれは、ベッドサイドでのアルコールベースの手指消毒剤を用いて、広域病院プログラムを実施し、手指衛生の推進を試みた。同時に、院内感染率を評価した。

【方法】

 1つめのアウトカムは、手指衛生キャンペーンを実施する前と、実施中に、スイス・ジュネーブの教育的医療機関で、通常の患者ケア中に、全体の遵守率をモニターした。7つの広域病院で、1994年12月から1997年12月まで年2回調査を実施した。2つめのアウトカムは、院内感染率、MRSAの発生率と手指消毒剤の消費量を評価した。

【結果】

 われわれは、手指衛生で20,000回以上の観察を行った。遵守率は、1994年の48%から、1997年の66%に徐々に改善された(p<0.001)。石けんと水による手洗いは横ばいだったが、手指消毒剤の使用頻度は、研究期間で実質的に増加した(p<0.001)。この結果は、好ましくない結果を導くpoor adherence既知のリスクファクターの補正後も変化がなかった。手指衛生は、看護師と看護助手では有意に改善したが、医師は低いままであった。同じ期間の全体的な院内感染率は減少し(発生率16.9% in 1994 から 9.9% in 1998; p=0.04)、MRSAの伝播率は減少し (2.16 to 0.93 episodes per 10,000 patient-days; p<0.001)、アルコールベースの手指消毒剤の消費量は、1993年~1998年までの間、1000 patient-daysで3.5Lから15.4L増加した。

【解説】

 キャンペーンは手指衛生の遵守率の継続的な改善を促進し、同時に院内感染とMRSAの伝播が減少した。ベッドサイドでの取り組みで、抗菌剤の手指消毒剤は、遵守率の増加に大きく貢献した。

 ポスターの見本は、こんな感じ

f:id:MotoNesu:20090127181357j:image

f:id:MotoNesu:20090127181359j:image

f:id:MotoNesu:20090127181400j:image

f:id:MotoNesu:20090127181401j:image

(Visited 7 times, 1 visits today)