ゆっくり走り続けることも難しい

9回目の応募でやっと当選した東京マラソンまで、あと1ヶ月になりました。腸脛靭帯の炎症は続いているようで、ふだん歩く時にも、ちくちく痛みが残ります。

昨年11月からの炎症で、1ヶ月後の3月に完治しているとは思えません。よって、来月の本番では、できれば、1キロ7分くらいのゆっくりランニングで完走できれば十分とします。場合によっては、歩きの区間があってもよしとしましょう。

とにかく、ストレッチ十分にしながら、無理なくランニングを続けていきたいです。

ゆっくり走り続けることも難しい。これも、結局、力量が必要ということで、マラソンの奥深さですね。

それは誰にもわからなくて、わからないことは不安であり、救いでもあるのだと思う。

わたしの美しい庭、凪良ゆう, 2019

(Visited 5 times, 1 visits today)

Posted by motonesu

日々、知らないことばかり。考えを言葉にするためのつぶやき。薬害、感染対策、ポートフォリオとプロジェクト学習、コミュニケーション、心理学。医療法人のマネージャー、シンクタンク未来教育ビジョン事務局、薬剤師。

コメントを残す