素手


素手でやってみる。たしかな手応え。それこそが、わたし。

たまに自分がわからなくなる。インターネット、道具や立場で、できる気になっているけれど、本当はどこまでできるのか。

何も見ないでレクチャーしてみる。どこまでもランニングをしてみる。絵を描いて、文章を書いて、ピアノを弾いてみる。

そこまでが、わたしができることそのもの。拡張された世界ではない自分を確かめて。

 私たちは、しばらく黙って、冬の川を見下していた。「ご無事で。もし、これが永遠の別れなら、永遠に、ご無事で。バイロン」

https://amzn.to/3oIjifI

(Visited 13 times, 1 visits today)