「3秒吸って、2秒止めて、10秒で吐く」深呼吸の出番は、もっとあっていい


R0030686 1024

「自分のもともとの能力は生まれつきのものではなくて、努力によって後天的に伸ばすことができる」ということを信じる子どもは、「やり抜く力」が強いことがわかっています。
(中室牧子『「学力」の経済学』)

 ふだん、あまりイライラしない私ですが、実は、よくよく自分の気持ちに向かってみると、かなり苛ついていることに気が付かされます。苛つくことを無視したり、そのまま怒りとして行動するのも、結果的に後片付けがたいへん。もちろん、反射的に怒るときはあるので、それはそれで、よしとすることにしています。

 しかし、「私が苛つくパターンだよな…」と察することができるくらいなら、落ち着くために深呼吸をしています。私の場合は、「3秒吸って、2秒止めて、10秒で吐く」。

 この深呼吸を2〜3回すれば、ずいぶんと落ち着きます。緊張したときにも、落ち着きたいな、というときに意識的にやっても効果あり。

 あるとき、お寺で「1分間、何も考えないでいられますか?」と試されて、私は20秒かからないうちに、あれこれ考えてしまいました。この深呼吸なら、1回15秒ですから、4回もやれば1分ですから、瞑想(?)できる可能性もあります。

 深呼吸の方法は、いろいろあるようです。どのやり方も、何秒だったか?忘れてしまい、自分は覚える気がないのだと自覚しました。今は、15秒で区切りのよい「3秒吸って、2秒止めて、10秒で吐く」をマイルールとしています。

もとねすメモ)深呼吸の出番は、もっとあっていいんだよな

(Visited 61 times, 1 visits today)