DSC07553

 広く重厚なエントランスにはホテルスタッフが待ち構え、華やかすぎないシャンデリアのもとを、新郎新婦と歩く。6歳年下の妹のこれからの幸せを祝いながら、5年以上も前に、このホテルで開催された学会で、ポスター発表をしたことを思い出す。

 同じホテルとは、思えない。
 今日は、完全に、私たちを歓迎してくれている。
 と、感心しながら、メモ。

1.非日常の祝いごと
 最初は、ホテルのおかげで、気持ちの高まりを頂いているのだと、勘違いをしていました。学会のことを思えば、イベントそのものが何か、でホテルの印象は変わる。気楽なふだん使いもよいのですが、祝いごとをお願いできるときのホテルが、いちばんいい。

2.衣装とは、相手へのメッセージ
 なかなか会えない遠い親戚や友人や、これから新しい家族になる方々との時間も、貴重です。自分の衣装を、相手へのメッセージとして贈れる方々は、粋です。私は、それと気づくのに精いっぱいでした。

3.ホテル日航東京の日本料理「さくら」
 さて、お食事をしたのは、ホテル日航東京の日本料理「さくら」。奥行きのある店内にある中庭が豪雨すら歓迎し、宴会場からは、もちろんレインボーブリッジが一望できます。迷路のような間取りなので、おトイレを探すときは迷わずスタッフへ。

気づき)お幸せに・・・






(Visited 14 times, 1 visits today)
カテゴリー: LifeShop & Restaurant

1件のコメント

鈴木敏恵 · 2013/09/10 15:43

おめでとうございます、末永くお幸せな日々を、大切な妹さんが送りますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です