就職活動中の薬学生に私が語れること


f:id:MotoNesu:20110614055622p:image

(レンブラント_3本の木1643年)

「ふーん。

それって、たしかに とってもいい」

「うん。それって たしかに とってもいい・・・・・・」

はあちゃんと みいちゃんは うっとり いいました。

(『まあちゃんのながいかみ』高楼 方子)

 就職の相談で、多くの学生とお話しをさせていただく機会があります。「薬学生のつどい(薬つど)」という学生有志の会でも、何度か連続で交流させていただきました。私の病院にせよ、紹介先にせよ、社会人になったつながり学生が10人を超えたので、「何を語ってきたのか?」振り返って(reflect)おこうと思います。

1.幸せに働くには?

 『Stumbling on Happiness』Daniel Gilbert で、幸せになる要素は「どこで、だれと、何をするか?」と提示されています。ですから、「コンディション(労働条件)はどうか?、スタッフはどうか?、夢に向かえる薬局・病院か?」の3つを検討することが、就活で大切なこと。

2.「わからなさ」が面白い

 クールで論理的な臨床試験(エビデンス)。十人十色な患者さんの物語り(価値)。そして、医療従事者としての成長(経験)。「患者さんがどう生きたいか?」に向かって、3つの輪がスパイラルとなりながら、治療が選ばれていく。患者さんも、医療スタッフも迷いながら変わっていく臨床の面白さ。

3.どこにでも患者さんはいるから

 どこで働くか?という悩みは、実は、大した問題ではないのかも知れない。患者さんを救いたいという使命なら、どこにでも、世界中にでも患者さんはいる。「人に役立つ」という大志には、無限のチャンスが待っている。

 ここまでは、20年くらい働いてきた私のストーリー。

 つぎは、みなさんのストーリーを聞かせてほしい。

気づき)

 ・毎日を自分の物語りにできれば、何をやっても面白い!と思う。

 ・就職先は必ず見学して「自分が働く姿」を直感で、問うてほしい。

 ・とはいっても、お体には、気をつけて。

まあちゃんのながいかみ(こどものとも絵本)

まあちゃんのながいかみ(こどものとも絵本)

(Visited 12 times, 1 visits today)