英語テキストを読む_APIC007


ここから各論。第二章は、”2.Surveillance and Public Disclosure”、サーベイランス。

Surveillance is an essential component of effective infection prevention and control programs across all areas of healthcare delivery.

「サーベイランスは、医療施設のすべてのエリアで、有効な感染の予防と管理プログラムの主要な対策である。」だから、テキストのなかでもサーベイランスは、第二章という堂々たる位置にいる。あらゆる感染対策のマニュアルも、サーベイランスの位置づけは見直すべきかも知れない。

 そして、機能として4点を掲げている。

1) identification of opportunites for improwment

2) development of data collection and analyic procedures

3) identificatlon and implementation of quality improvement actions , and

4) evaluation of such efforts through measurement and reporting.

1) 改善の機会の認識

2) データ収集の整備と解析の手順

3) 質的な改善行動の認識と実行

4) 測定と報告をしながらの効果評価

(Visited 13 times, 1 visits today)