英語テキストを読む_APIC004


 「どうして英語なんですか?」そう聞かれて、「英語で本を書きたいから」と答えたものの、これはあまりに高飛車な返答だった。

 正確に言い直すと、「その言葉で感じたい」から。

Self-Reliance and Other Essays (Dover Thrift Editions)

Self-Reliance and Other Essays (Dover Thrift Editions)

「オバマの本棚」という本で、紹介されているエマソンの”Self-Reliance and other essay”は、自己信頼Self-Relianceを説く。

It is thought a disgrace to love unrequited. but the grea will see that true love cannot be unrequited. True love transcends the unworthy object, and dwells and broods on the eternal…

(報われないのに愛することは、不名誉と考えられているが、偉大な人間は、真実の愛は報われるはずがないと悟るのである。真実の愛とは、無価値の対象を超越して、永遠なる対象に身を委ねる)

 この言葉は、このまま英語そのものの方が、感動度が高い。

 だから、英語なのだ。

 感染のテキスト。そろそろペースをあげないと、読み切れない気がしてきました。

 サーベイランスは、別に項目があるが、臨床データと情報の管理として、イントロダクションで紹介されている。

・院内感染のサーベイランスは、機能していなくてはならない(レベルⅠ)。サーベイランスの経過には、少くとも以下の要素が含まれているべきである。

・課題、もしくは調査が必要なイベントの識別と記述

・リスク集団の定義

・統計ツールとリスクの層別化をふくめた適正な測定方法の選択

オバマの本棚 ―人を動かす言葉の裏に膨大な読書あり

オバマの本棚 ―人を動かす言葉の裏に膨大な読書あり

(Visited 11 times, 1 visits today)