新しい人との出会いが予定されている初日に


f:id:MotoNesu:20120520141354j:image

うとうととして目がさめると女はいつのまにか、隣のじいさんと話を始めている。

このじいさんはたしかに前の前の駅から乗ったいなか者である。

(「三四郎」夏目漱石)

 新しい人との出会いが予定されている初日は、いつでもちょうどよい緊張感に包まれます。病院の見学にいらっしゃる方々、大学の先生、研修生、薬剤師会の先生・・・そして、薬学生。それぞれの学生が「自分」を受け止めながら、未来に向かっていってほしいという気持ちで、私は今回も学生を受け入れていこうと思います。

 学生のプロファイルは、事前にいただいています。

 しかし、学生本人と会ってみてわかる感触がすべてなので、

 そのときをひたすら待って。

 予定というフレームはあるものの、

 相手から話しを聞く、という素直な姿勢、

 いわば「無知の姿勢」を維持できれば。

 11週間、どうぞ、よろしくお願いします。

気づき)

 ・という、未知への楽しみな気持ちで

 ・それは、私自身も変わるという可能性

 ・カリキュラムがどこまで個別性に対応できるか?

 

三四郎 (岩波文庫)

三四郎 (岩波文庫)

(Visited 11 times, 1 visits today)