「何をもって?」生きる Driving Question


f:id:MotoNesu:20110719190922p:image

物語は、文脈を捉え、感情を捉える。

論理は一般化し、物語は特殊化する。

『ダイアローグ 対話する組織』中原淳, 長岡健

 若くしてリタイアメントした友人と再会をしました。社会的な成功について、その方法や儲け話はもちろん、秘訣はありませんでした。60分のランチタイムは、ただ1つの問いで、あっという間にすぎたのです。

「何をもって」

 ・何をもって、幸せとするか?

 ・何をもって、十分お金があるとするか?

 ・何をもって、満足とするか?

 この問いに、答えるのは、簡単ではありません・・・。

 「仕事術」や「ライフハック」で、何か魔法のように生産性があがることを信じ、「明日はもっと!」を目指してしまう。改善して向上することはいいのだけれど、いつまでも刃物を研ぐだけで時間は過ぎ、ラットレースの人生に嘆くことになってしまいます。

 ・何をもって、「いま何をするのか?」

 ・何をもって、「いま何を語るのか?」

 ・何をもって、「いま何を歌うのか?」

 選ぶも選らばざるも、目の前のことに身も心も投じることが、本質的。

 意気投合したのは、「自分で願って、計画を立て、実行したことは」=「かならず叶う!」でした。

気づき)

 ・タネも仕掛けもない

 ・正直さのクオリティ

 ・忙しいのにありがとう!。格好つけずにまた、相談させていただきます。

ダイアローグ 対話する組織

ダイアローグ 対話する組織

(Visited 14 times, 1 visits today)