akafuku

 3月も半ばをすぎ、歓送迎会の季節になりました。
 なかでも、定年を迎えた先輩方の話しには、たいへん学ばされます。

 最近、心に残ったのは、総務部一筋でやり抜いた先輩の「引き継ぎの極意」でした。

 そもそも引き継ぎをすることは、なかなか困難なものです。
 私もこれまでに、数回の引き継ぎを経験しましたが、評価のほどはわかりません。

 引き継ぎにあたって先輩が心がけたことは、「課題の見極めが大切である」ということです。自分がいま、何を課題として感じているのかを伝えておくこと。そして、課題を解決する方法は、好きにしていいよ、と伝えておく。これだけです。

 いつも笑顔で支えてくれて先輩に会えなくなるのは、さみしい限り。
 きっと、次も素敵なスタッフが育つことと思います。

もとねすメモ)ありがとうございます。私も、次の引き継ぎのために、準備します。

(Visited 28 times, 1 visits today)
カテゴリー: マネジメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です