「何にうれしかがっているのか」をのぞかせてもらう


Bshop MUSEUM

1) 「ぐりとぐら」の作者で、トトロの挿入歌「さんぽ」を作詞された中川李枝子さんのお話を聞く機会がありました。

2) 子どもはしっかりと親のことを見ているし、とても信頼もしているというメッセージがとても印象に残りました。

3) 他の子どもとくらべて、できる・できないを評価するのではない。子どもからみえる世界は、まったく違うことに気がつかされます。

4) その入り口は、子どもが「何にうれしかがっているのか」をのぞかせてもらうことのようです。子どものころって、毎日が大冒険ですよね。目の前のことがうまくもいくし、失敗もする。

5) 何にうれしいのかがわかるようになると、子どもが何に悲しんでいるのか、もわかるようになるらしいのです。

6) そもそも育てるというゴール設定が「〇〇ができる」という評価であることは、誤りのような気もして。

7) つきあいかたも変わりそう。中川李枝子さんの著書にあるように「子どもはみんな問題児。」なのですから。

もとねすメモ)この本、良さそう。

(Visited 25 times, 1 visits today)