海外でいきなり左ハンドルを握るときでも困らないために


f:id:MotoNesu:20120813132210j:image

私は、目標のリストを2つのパートに分けました。

一つは現実的な目標で、もう一つは夢の目標です。

(「BORN TO RUN」Christopher McDougall)

 サンデードライバーなのに、海外で左ハンドルを握る必要に迫られたら?。そういう時がいつくるかわかりませんので、安全運転のために、メモ。

1.全体を知っておく

 まず、現在地から目的地までのゴールを確認しておきましょう。所要時間の目安もつけて、同乗者にも確認しておきましょう。全体のドライブイメージつかんでおくことで、少し安心できるはずです。

2.勘どころ

 右折をしても、左折をしても必ず道路の右を走る。たとえば、その国で絶対に守るルールやコツがあるはずなので、『地球の歩き方』などで、勘どころをチェックしておきましょう。運転しながらつぶやくのもよいと思います。

3.アクセルよりもブレーキ

 万が一知らない標識がでてきても、慌てない。不安になったら、ハザードで意思表示して、ゆっくり止まりましょう。大切なのは、アクセルよりもブレーキであることは、日本と同じです。

気づき)

 ・ルールを守りながら、感覚で走り抜けてみること

 ・できないかも、と思っていたことができる喜びを

 ・安全第一のために、このメモは修正をしながら、よくしていこう

(Visited 24 times, 1 visits today)