どこでもいつでもクラウドサービスのおかげ


f:id:MotoNesu:20110701182833p:image

アマチュアリズムとは、文字通りの意味をいえば、利益とか利害に、もしくは狭量な専門的視点にしばられることなく、憂慮とか愛着によって動機づけられる活動のことである

(『知識人とは何か』サイード, E.)

 データ保管「Dropbox」、PDFファイル「GoodReader」、カレンダーアプリ「Week Cal」、何でもノート「Evernote」。どれもクラウドサービスで、ありがたいなー、と感謝の気持ちがわいたのでメモ。

1.「どこでも、大丈夫」という本質

 クラウド側にデータを預け、使う端末が多いほど、バックアップも増えます。仕事先で間違って、ファイル更新をしても、同期していない自宅のPCが古いファイルを持っている可能性もあります。

2.「見らればいい」という本質

 Windows、Mac、もしくはスマートフォンでデータは、閲覧や編集ができます。細かい見栄えをはじめは気にしていましたが、いまは平気。それよりも、見たいときに、どこからも見られることが大切。パスワードさえ持っていれば、どの端末を借りてでも、OKです。

3.「必要なだけ」という本質

 データ容量に制限がありますが、これも利点。使うファイルは何か?、整理をしようと思うからです。お金さえ払えば、どんどん容量がふやせるハードディスクではなく、「いま」必要なファイルをクラウドに置くので、必然とアクセス回数が増える。制限があるから磨かれていく。

気づき)

 ・単純だけど、いい感じ、と思って使うのがいい

 ・GoodReaderは、最近ですが、いいですねー

 ・時代の恩恵は、これからもたのしみ

知識人とは何か (平凡社ライブラリー)

知識人とは何か (平凡社ライブラリー)

(Visited 13 times, 1 visits today)