働き方


 看護学校の卒業生に向けて一言、といわれたので前著「生き方」を紹介した。

 その一文は、「足るを知る」。

 いまや日航CEOの稲盛和夫氏が、書いた「働き方」。

 同じテーマは幾多にあるが、やはり高い。

 高さを感じる。

 ココロを高める

 純粋な気持ちで、高いところと接していると、高い言葉がでてくる。お目が高い、高値からでも、高嶺でもない。

 純粋な高みは嫌みなく、高さが釈迦のように人を包む。

思わんとあきまへんなー

 松下幸之助氏の講演テープをいくつか聞いたのだが、正直、当たり前のことばかりだなーっと思っていた。それをどうやったらできるのか?、そこを教えて欲しいんだよなーーー・・・。と思っていたところ。

 稲盛和夫氏は、会社を経営していた頃、遅刻して、その講演会に参加していた。

 真剣にそうありたいと思わないと、何もかわらない。

 だから、思わんとあきまへん。

 ここがわからなかったら、何を教わっても無駄だろうと思う。

 リレーショナル読書。

 「生き方」のときとは違う、本気。

 非常にゆっくり、しっかり、スピードで読みきつてしまつた。読んでよかつた。

気づき)

・立派な仕事は完璧主義から生まれる

・ベストではなくパーフェクトを目指す

・完成形が見えるなら必ず成功する

 悲観的な頭のいい理論家にならないぞ!

 それは副官。

 楽観的に手を打てること。止まったら何もできん。

 かなりキツイ。そして、かなり本当のことばかり、大切なことばかり、詰まっている一冊。

これから)医療安全、病院薬事委員会、歯科最終回、映画「告白」、四季報発売日、FIFA world cup 日本対カメルーン戦

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

(Visited 8 times, 1 visits today)