手洗いで救えること【世界手洗いの日】10月5日

手洗いで救えること【世界手洗いの日】10月5日

 10月15日は、「世界手洗いの日」。ゼンメルワイスの産褥熱の歴史にはじまり、手洗いは古くからある基本的な手法ながらも、実践が難しい。しかし、正しい手洗いをすることで、子どもたちの命も、接触感染のリスクも減少させられるの…

CDCの手洗いポスター【CDC Hand Hygiene Resource】もちろん無料で

CDCの手洗いポスター【CDC Hand Hygiene Resource】もちろん無料で

 教育資材としての手洗いポスターは、いろいろありますね。  米国疾病予防管理センターでも、手洗いポスターが公開されています。  スクリーンセーバーもあるようです。  ポスターを手洗いの場所に掲示して、定期的に張り替えると…

5月5日は、WHOの手指衛生の日【SAVE LIVES: Clean Your Hands】

5月5日は、WHOの手指衛生の日【SAVE LIVES: Clean Your Hands】

世界保健機構(WHO)が呼びかけている “SAVE LIVES: Clean Your Hands” のキャンペーン。 5月5日は、WHOの「手指衛生の日」。手指衛生の遵守向上による患者安全の確立…

「正しくマスクを着用できる人」は信頼できる

「正しくマスクを着用できる人」は信頼できる

 マスクをちゃんと着けていない人を見ると、電車のなかでさえも、つい声をかけたくなってしまいます。私の通勤ルートに限ってみれば、正しいマスクの装着率は、30%くらいでしょうか…  電車のなかで、マスク装着の講義…

入院患者さんにVCMを投与するとやがてVREに変異する?

入院患者さんにVCMを投与するとやがてVREに変異する?

 感染対策をテーマに耐性菌について、スタッフとランチミーティングで勉強をしました。すると、「黄色ブドウ球菌(MSSA)に感染している患者さんに、抗生剤の不適切な使用をしたら、その患者さんのMSSAは、MRSAに耐性化され…

インフルエンザの出席停止は「発症後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」

インフルエンザの出席停止は「発症後5日を経過し、かつ解熱した後2日(幼児は3日)を経過するまで」

 2012年4月より改定となった学校保健安全法。「インフルエンザ」「百日咳」「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」など学校で流行しやすい第二種感染症の「出席停止」基準が改定されています。スタッフが、インフルエンザ感染した場合…

厚生労働省の無料メールマガジン「感染症エクスプレス」に登録してみた

厚生労働省の無料メールマガジン「感染症エクスプレス」に登録してみた

 昨年からスタートしていた厚生労働省のメールマガジン「感染症エクスプレス」に登録してみました。このサービスは、「感染症の診療に携わる全国の医療関係者の皆様へ、感染症に関する情報を直接かつ定期的にお届けするメールマガジン」…

「生きなおす」ことへの医療従事者がアプローチするために知っておきたいメモ

「生きなおす」ことへの医療従事者がアプローチするために知っておきたいメモ

 1981年に米国で初めてエイズの報告がされてから30年、1997年の薬害エイズ和解から15年が経過しました。一方で、HIV感染症は、避けて通るのが常識となりつつあり、エイズ拠点病院を指定せざるを得ない経過で、ここまでき…

静脈穿刺前の滅菌手袋のルーチン化で血液培養のコンタミネーションが減少

 血培の疑陽性(本当は陰性なのに陽性と判断)は、不要な抗生剤の投与、医療費のコストとなる。ランダム化比較試験で、滅菌手袋をルーチンで使用すると血液培養のコンタミネーションを減少させたという報告。 Effect of Ro…

世界も未来も ”Clean care is Safe Care” で

 これは、YouTubeで公開されているWHOの手洗いプロモーションビデオ。WHOの Didier Pittet先生の講義を聞きながら、FACEBOOKの映画「ソーシャルネットワーク」、「ザッポス伝説」のトニー・シェイを…