コミュニケーションの心技体は天に偽りなしで

コミュニケーションの心技体は天に偽りなしで

 心技体とはよく言ったもので、先日のコミュニケーションにしても、技だけを磨いても、そこまでの到達にしかならないのは、火を見るよりも明らかです。  相手との関係のなかで、どうにかしたい気持ちの高まりを「心」とすれば、ここで…

人工知能でどうするのか【8/4(土)AI時代の教育-次世代プロジェクト学習-未来教育全国大会2018】 #横浜

人工知能でどうするのか【8/4(土)AI時代の教育-次世代プロジェクト学習-未来教育全国大会2018】 #横浜

 矢野さんの著書「データの見えざる手」を読んだのは、5年前くらいだったでしょうか。  今年の全国大会は、なんと、矢野さんに特別講演をお願いしています。  前年のIBMの吉崎さんのご講演が「人工知能とは何か」というテーマの…

誕生日の使い方

誕生日の使い方

 昨日、46歳の誕生日を迎えることができました。たくさんの方々から、お祝いのメッセージをいただきました。  ありがとうございます。  年に一回の誕生日。自宅でも、職場でも、そしてネットからも。メッセージをいただけるだけで…

参加受付開始!【8/5(土)AI時代の教育と評価―未来教育全国大会2017】 #横浜

参加受付開始!【8/5(土)AI時代の教育と評価―未来教育全国大会2017】 #横浜

 私たちの生活を支える技術が、人生を変えていく技術になる時代です。  記憶が補完され、行動は予測され、自分の好みすら知られている…  もしもプロジェクト管理ができれば、仕事も捗り、生活も向上していくことでしょ…

いったん聞いて、返事をしてくれるから

いったん聞いて、返事をしてくれるから

「ごめん、やっぱりあなたのところじゃなかったか」と看護師長が、廊下で私に声をかけてきました。手にしていた依頼文は、私の部門で扱う案件ではなかったのです。 「でもさ、気分としては、あなたのところに出したかったのよ」と、その…

1/18より講座開講です【JMOOC】さあ!プロジェクト学習とポートフォリオを始めよう!

1/18より講座開講です【JMOOC】さあ!プロジェクト学習とポートフォリオを始めよう!

(https://open.netlearning.co.jp より) ポートフォリオの存在は、自らの「思考プロセス」の可視化を可能とし、目標へ向かう自分を客観的に見ることをかなえます。 (鈴木敏恵『プロジェクト学習…

3年目ランチミーティング開催中

3年目ランチミーティング開催中

 3年目スタッフと私は、週に1回ランチミーティングを開催しています。とくに準備もなく、30分ちょっとの時間をランチを食べながら一緒にすごすだけです。これが、なかなかいい感じで、しばらく継続できそうです。  このミーティン…

理解することを前提としない

理解することを前提としない

理解することを前提としない。 理解しないわけではなく。 もとねすメモ)相手のことを、理解しようとしてしまう。物事の意味するところには論理があって、判断してわかることができる=理解できる。そのように、これまでの学習経験で体…

不都合日記

不都合日記

 コーチングの基礎コースで、サポーターをしています。理論と実技を体得するには、みずから取り組むしか道はなく、時間がかかる工程です。  ある日、プレイヤーから、こう言われました。 「やさしすぎるから…。ていねい…

解決手段の前に取り組みたい「傾聴の技法」

解決手段の前に取り組みたい「傾聴の技法」

 問題を解決することを優先して、合理的な判断をするためにも、私はもう少し自分の感情を使って、相手の話を聞こうと思います。  というのも、私は、話を聞きながら、相手の感情が強く出てくると、私ではコントロールできないことだと…