摂理 providence


韓国ドラマにハマることはないと思っていたが、2018年に放送された「知ってるワイフ」がたまらなく好きになった。

主役の女優ハン・ジミンがいい。気さくで明るく気兼ねなく、気取りすぎていない。友だちになりたい。

ストーリーも、1980年代の恋愛のようで、安心できる。ロマンティックラブをベースに、消費社会を背景として、恋愛の自由、恋愛至上主義を謳歌している。

いまの日本には、まるで、ロマンティックマリッジ・イデオロギー(結婚には恋愛感情が必要である)の役割はなくなったかのように見える。

しかし、このドラマの人気は、実はしっかりとこのイデオロギーは生き残っており、多くの支持をえていることを証明している。

ハン・ジミンのお母さん役は認知症のはずなのに「人の摂理は、知り尽くせないわ」とセリフを言い放ち、笑っている。私も笑ってしまう。

摂理=自然界を支配している理法。知り尽くせないから、人はいつまでもおもしろい。

質のいい仮説は明るい胸騒ぎなどの余波を連れてくる。

https://amzn.to/3LO6a2n

(Visited 13 times, 1 visits today)