とりあえず「よし!」と言う【毎日、無理なく、機嫌良く。】香菜子


この部屋の小さな窓から見えるのは、東急電鉄の品川駅のホームだ。赤い車両が、早朝も深夜もせわしなく人々を運んでいく。

電車に乗ることは、通勤であったり、旅行であったり目的があるのがふつう。それは、移動のための手段だから。

でも、しばらく部屋にこもっていると、目的はなくても、乗り物に乗りたくなる。そこを走っているタクシーでも、バスでもなく、いまは電車に乗りたい。

きっと、見知らぬ、いや知っている風景でもいいのだが、さーっと定刻通りに動き出して、気になる駅で降車して、駅の構内で、蕎麦でも寿司でも食べて、ビールを飲んで、本屋に寄って、帰宅したい。

それだけで、十分に贅沢な気分になる、

ことを想像してしまう。

いまや、私にとって、目の前の東急電鉄に乗ることは、初めて飛行機に乗るような憧れでしかない。

あるもので、あることしかできない制約は、生活時間がスローになり、やがてコマ送りになり、見逃していたものを見せてくれる。

そうだった。

こういうときは、とりあえず「よし!」と言うんだった。

(Visited 17 times, 1 visits today)