iPhone SE で、十分。ストレスなし。


Garage

iPhone 6から、iPhone SEに買い換えをしました。結果として、大正解です。

選んだのは、iPhone SE、ブラックの128GBです。

軽さはそのまま、片手で操作オーケー。今はダークモードを試していますが、いい感じです。

何より、処理スピードが速い。もうA14?以上に高性能なチップは、発売しないでほしいですね。

しかも、他の最新型のiPhoneは10万円くらいしますが、ビックカメラで日本橋店に取り置きしていただき、LINE Payのクーポンも使って、それなりの割引で購入できしましたよ。

さて。

これで、わたしが何ができるかが、本質的な課題です。ただのユーザではなく、せっかく更新した新しいiPhone SEで、何を生み出すか。そこです。

もとねすメモ)まだカメラは触っていません。楽しみです。

この四半世紀で、二次元の平面(紙、スクリーン、モニター)上に置かれた「他人の物語」ではなく、三次元の空間での体験、つまり「自分の物語」を発信することに人々の関心は大きく移行しつつある。テキスト、音声、映像といった「他人の物語」を記録したモノ(本、CD)には値段がつかなくなり、フェスや握手会といった「自分の物語」としての体験が、つまりコトが値上がりしている。

(Visited 5 times, 1 visits today)