はじめてのフルマラソンを完走するための3条件


kobe

はじめてのフルマラソンを完走するための条件は、おそらくこの3点に集約されると思っています。

1)目標タイムを決める
2)大会前に30km走っておく
3)毎日欠かさず少しでも走る・歩く。

1)目標タイムは、1キロ7分ペースで5時間を目標にし、2)で30kmを体験しておく。3)については、もしかしたら、週に1回は休むが正しいのかも知れません。

フルマラソンを完走したことはありませんが、おおよそ書籍やら、ランニングの先輩方からのアドバイスを集約すると、この3点になります。

もう少し質問の焦点を自分に合わせるなら、「40代後半のサラリーマンが、3ヶ月間の平日早朝の1時間練習だけで、初めてのフルマラソンを完走するには、どのような練習メニューにすればよいのか」というのが、私が本当に知りたい質問になります。

とにかく、8月末に風邪を引いてから、この2週間は、走ることも、走り用の歩きもしていません。せっかく、夏にしっかり走り始めたリズムもパタリと中断してしまいました。

体調は回復途中ですが、まずは、明日の朝から、走る用の歩きをはじめようと思います。

もとねすメモ)健康を維持するって、なかなかの難問ですね。

「人間は孤独を最も恐れている」というのが、すべての前提となります。孤独を嫌いながらも、一方で人間は自由への憧れをもっています。そのため、必然的に人びとは自由を求める方向に進んでいくのですが、やっかいなことに自由になればなるほど、個人個人がバラバラに生きることになり、やがては孤独に苦しむようになります。そうなると、今度は孤独から逃れるために、人間は自由を手放すことを自ら選択し、大きな権威に身をゆだねる方向に向かっていく。つまり、自由と引き換えに孤独から逃れようという心理から生まれたのがファシズムである、というのがフロムの考えた論理です。
フロムに学ぶ 「愛する」ための心理学 (NHK出版新書)

(Visited 14 times, 1 visits today)